プロフィール

モスモス萌えっす

Author:モスモス萌えっす
すごく毒男です。
30超えましてね。フフフ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
[PR]
[PR]
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンシングサ・ガ ミンストレルソングに萌える

rsg.jpg
後輩が是非、と貸してくれたので、ロマンシングサ・ガ ミンストレルソングをプレイしてみた。
これはもともとSFCで出ていた初代ロマサガのリメイク版のようなもの。
初代も好きだったので、今回もそこそこ楽しめるだろうと思い、遊戯開始。


……なんだコレは。

女キャラにやたら萌える。

すべて3Dになった本作では、キャラデザもすべて一新され、SFCのドット絵とはかけ離れた外見になっている。
また、頭身がリアルなそれではなく、大体3~4頭身というデフォルメされた形式をとっているので、ちょっとクセがある。

大抵3Dになったゲームは評判を落とすものだが、このミンサガはWeb上の批評をざっと見たところ、古参のプレイヤーでも意見は半々といったところだろうか。
新規プレイヤーのことを考えれば、この改変は成功と言えるだろう。

そこで女性キャラクターである。
3Dなので、戦闘画面で動く動く。その動きがなかなか細かいところまでよく出来ていて、見ていて非常に面白い。
キャラクター総数がハンパないので、もちろんすべてのキャラが別のモーションを持っているわけではないが、大胆なキャラデザが多い本作ではそれぞれの造形に大きな差があるので、見ていて飽きることはない。多分。


さて、それでは私が萌えた女性キャラクターを紹介してみよう。
(名前クリックでイメージ検索)

ディアナ

いきなりサブキャラで申し訳ないが、ホークで始めた私のパーティーに一番に入った女性キャラだから仕方がない。
説明するまでもないが、主人公キャラのひとりアルベルトの生き別れのねーちゃんである。

男勝りの性格で剣術も得意、という設定で、セリフやモーションも勇ましいものが多い。
こういう強気の女の子、嫌いじゃないね。ああ大好きだね!

ただ、長い時間一緒にいると、戦闘後の熱血セリフが別のキャラとの温度差を感じさせ、ちょっとKY的な雰囲気を醸し出すのは君と僕との秘密である。


はじめから持っている武器の性能も良く、主人公キャラのパーティをつくることにこだわらなければ、最後まで引き連れても全然問題ナッシング。
まぁ名無しキャラ以外、このゲームに出てくるキャラは育てりゃみんな強くなるんだがね……。
エルマン?なにそれおいしいの?


アイシャ

何この子、格好がすごくヘン……

主人公キャラのひとりであり、最も前作と外見が変わったキャラのひとりでもある。というか横チチ……
先生、露出狂がここにいます!!


遊牧民で、他の人達と別の暮らしをしているという設定。実は人間じゃないという衝撃の事実もある。同じ村でも、横チチだしているのはこの子だけ。先生、足りない子g(r
まぁ人間じゃないといっても、ナディアとジャンの違いみたいなもんだ。きっと子供は作れるさ。ハハハ。

初期パラメータが微妙すぎて、はじめから引き連れて育てないと使えない子になってしまう可能性が高い子。
まぁそれでも戦闘回数重ねればそれなりにはなるのだが。

最大BPがなかなかアツイ。弓持たせたときの半身の構えも(いろんな意味で)アツイ。
最初は使えない、性格は明るくて前向き、ちょっと足りない、エロい。
要は、萌える子だ。


バーバラ
正直、はじめは全く萠えなかった。
踊り子だから最も萌えそうな外見をしていそうなものだが、ショートカットにさっぱりとした服装、可愛いとか妖艶というよりはスタイリッシュなお姉さんといった外見だ。
明らかに、見た目から一般的な萠えの記号は感じ取れない。


だが、その言動は相手への優しさが溢れ出している。

はじめに仲間にするときに、アイシャを気遣うセリフ。
一度仲間にしたあとに別れ、再度話しかけたときのセリフ。

正直、初回プレイ周以降、必ず最終パーティーに加えることを余儀なくされる事となった。
性格のよいキャラクター、それはいいものだ。


クローディア
外見だけでなく、性格も微妙にSFCから変わっていませんか?このキャラ……
魔女に育てられた皇女である。

このキャラクター、他のキャラと比べると、外見の質感がずば抜けて感じられる。というかエロスを感じる。
格好はありがちで、特にあの子のように露出が多いわけでもないのだが、上半身のボディーラインがやたらしっかりしているように思える。
細身でありながらそのむっちりしたバスト、これには「感動した!」と小泉元首相も言っていたかどうかは定かではない。

ただ、あまりよい性格に感じられず、私の最終パーティに加わることは少ない。イベントの関係で途中必ず一回はパーティに入れるが。
リアルだろうとヴァーチャルだろうと、やはり性格は重要である。


ミリアム
ちょっとしたもんだそうだ。
外見は分かりやすい魔女っ子。その強気な感じの表情がとても良い。モーションも可愛いと強気を足して2で割ったような感じだろうか。
ただ私的には声が……うむ、分かりやすいアニメ声である。

わかる人間は彼女に魔法など使わせず、あくまでも剣士など前衛的なポジションを与える。
魔女っ子剣士、いいじゃない……!


なお、棍棒で撲殺魔女もおk。


アルドラ
なぜだ開発チーム!
なぜ彼女を元の姿でパーティに加えることを出来ない仕様にしたんだ!!


フリーレ
この記事自体、このキャラのために書いたような記事である。
それぐらい、フリーレは良い。

まともなルートをたどると、仲間にするのが終盤になる。したがって、仲間にしにくく、鍛えにくいキャラでもある。
だがそのあたりを差し引いても、彼女をパーティに加える意義がある。


まず、声が良い。
騎士団領のバイゼルハイムにいるフラーマの声がとても良い。冷静、明晰、優しさ、このあたりをすべて含んだような声。
その双子の姉妹である。もちろん声も一緒。もうこれだけでも私のボルテージは最高潮。

次に、外見が良い。
フラーマの外見も非常に美しい。え?背負っている物がヘン?キニスンナ
フリーレは双子なので顔は同じである。
さらにフラーマは魔術師だが、フリーレは剣士。その動きやすそうなスッキリとした立ち姿に、思わず見とれてしまうのはミンサガプレイヤーの宿命であろう。

さらに、性格がワロス。
長いこと氷漬けになってオプシダンソードを守っていたので、人間としての話し方を多少忘れている様子である。
なんか片言チックだし、冷静に戦ってると思ったら死ぬ間際「クソッ……」とかいきなり言葉遣い荒くなるし。
再教育したくなるのも無理はない。

まぁ主人公キャラではないため、ソードを取るイベント以外、あまりこれといった見せ場はないのだが、それでも必ず仲間にしたくなる。そんな彼女である。



その他、あくまでも「私が」萠えなかったキャラクターである。

シルバー
仲間にするのが七面倒なキャラクター。
そのため、やっと仲間にできたときにはその鬼のような攻撃力で敵をバッタバッタとなぎ倒し……というほどの性能もなく、萠えなければ特に仲間にする必要もないキャラ。
外見も特筆すべき点は見当たらない。
特徴はやはり、ちょっと鼻づまりチックなその声であろう。ある一部の属性を持つ人間には、おそらく最強の萠えを発生させる、そんな声である。
残念ながら、私には馴染まなかった。

ファラ
実はまだ仲間にしたことがない。
仲間にしてみようと思った周のプレイヤーキャラがジャミルだったため、物理的に不可能だった。
そんなわけで、性格は良いようだが、まだ萌えは発生していない。

シフ
誠に申し訳ない限りだが、無理だ。
いや、本当に申し訳ない。無理だ。
スポンサーサイト

ファイナルファンタジー3のドット絵に萌える

どうやら、私の「萌え」とは、世間一般の「萌え」と多少ずれる部分もあるようだ。
「萌え」でググると、その乖離具合がよくわかる。

そこに出てくる「萌え絵」や「萌えゲー」などに、私は一向に萌えない。
それを年がら年中眺めてたり、ゲームをプレイすれば萌えるのかもしれないが、一目でズキュンと来ることはない。

だが、それでいい。

「萌え」とは、人と合わせてどうこうするものではない。
自分がいかに感じ、「萌え」たと思えたことが重要なのだ。

とキリストが言ってた。


さて、そこでこのゲーム、ファイナルファンタジー3である。
私がこのゲームに出会ったのは小学生の頃、友人の家で彼がプレイしているのを見た時だ。



これは来た。ズキュンと来た。
ディオ的に言うのならばズッキュゥゥゥゥゥーンときた。
くろまじゅつしやふうすいしの光る眼。これはヤヴァイ。

1.gif

可愛らしさの中に幻想的な魅力がうずまき、今にも溢れ出しそうなこの表情。

2.gif

そう、幻想的で神秘的な雰囲気、人間は一様にその世界に惹かれる。
現実ではない何か、リアルではないファンタジー、そういった点に人は魅入られるものなのだ。
そういう意味では、まさにこれはファイナルファンタジー。ビビよりもルールーよりも、最も直球的なファンタジーが彼らの目にはあったのだ。

3.gif

のちのファイナルファンタジーも嫌いではない。ファイナルファンタジー4の音楽などは、私の中では皆が褒め称える6などよりもよほどファンタジー植松だ。
だがキャラクター画像、特に戦闘中のドット絵でいえば、私の中ではこの3が、ファイナルファンタジー史上最高のものと思える。
その印象のせいか、今でもドーガの館の音楽を聞くと、私の脳内ではドーガとウネが襲いかかってくるあのシーンを思い出す。
ジーチャン、バーチャン……

4.gif










でも、切なさで言ったらこの子には敵わないが。

5.gif






さて、数あるFF3のドット絵の中でも、その最高峰に輝くのはもちろん彼、「まじん」だ。

6.gif

くろまじゅつしの時から全く衰えることのない、いやむしろ増しているその眼光。
なにそのぷっくりとした無駄に可愛い足元。もちろんデカパンではない。
帽子に光輝く、まさに魔力の象徴、ルナのシンボル。いつでも彼はルナティック。
そしてこんな魅惑的ななりをして、敵の頭に隕石を降らせるその絶大な力。
というか、隕石が降ったら普通にサードインパク知だろ。さすがルナティック。

魔法を操る者とはかのように神秘的なもの。まさに私の中の「魔術師」にぴったりなイメージだ。










でも、萠え度数で言ったらこの子には敵わないが。

7.gif










次点は当然、時代を先取りしすぎた猫耳娘、「どうし」だ。

8.gif


っていうか、絶対中の子は女の子だ。
「少年たちはみなしごで」の「少年たち」には「少年と少女」という意味が含まれることは言うを待たない。
というかいくら少年でもモンスターと戦えるぐらいの力を持っている男がネコミミは萎える。
よって世界の法と秩序を守るために、彼女は絶対女の子。
もちろん美少女。性格もいい。











でも美少女で性格もいいといったら彼女には敵わないが。

9.gif


以上、では結論だ。







リディアは萌える。
[PR]
RSSリンクの表示
AMAZON2
PR
シェイプアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。